オリンピックまでに日本は禁煙政策に成功するか

世界各国と日本とでは、喫煙に対する価値観が異なります。
元々日本がタバコのポイ捨てや、路上喫煙の防止を政策として行ない始めたのはつい最近の話であり、そのきっかけも世界的な健康志向を反映しての話です。それまでは、とくに昭和の時代はあちこちに吸殻が捨てられ、妊婦や子供の前でも煙をふかす人が絶えませんでした。現在でも法的な分煙、禁煙の強制力は弱く、個々人のモラルに期待しているのが現状です。
こうした日本のタバコに対する価値観が、どのような問題を引き起こすのでしょうか。
直近の問題として、間近に迫った東京オリンピックの事があります。開催期間中には、各国から外国人観光客や、関係者が訪れます。それぞれの文化を尊重する必要があるのはもちろんですが、とくにタバコは健康問題や、国によっては宗教的に重要な要素となることもあるため、慎重な対策が求められます。
オリンピックの成功と、その後も日本を訪れてもらうためには、さらに厳しい禁煙政策が実施されていく必要があるということです。
目下の課題として、路上喫煙について現状ではできても注意や勧告でしか取り締まれないという問題があります。携帯灰皿を持ち歩いている人は少なく、どこが路上喫煙禁止区域か把握していない人は多いです。こうした人々への認知を広めさせ、取り締まるための法律案を成立させていくことが、オリンピックまでに必要です。
喫煙は決して個人的な問題として片付ける事ができません。世界では、許可されていない年齢にタバコを提供したり、禁止された場所で喫煙したりした場合に厳しい処分が下されるのが標準となりつつあります。経済的にも、国際社会の一員としても、国民全員が取り組まなければならない問題となっています。