医学的な理由や嫌な臭いが原因で進む禁煙化

近年は、禁煙化がトレンドになっています。
喫茶店などはもちろん、公共施設やオフィスも禁煙化が進んできました。
禁煙化が進んで一番の理由は、医学的な理由です。
タバコの煙は体に良いことは何一つなく、喫煙をしていると生活習慣病などのリスクが高まります。
また、タバコの煙により健康への被害は、喫煙者だけではなく周囲にも影響を及ぼすことが医学的にも確認されています。
その結果、喫煙者やその周りの人たちは、将来健康的な生活を過ごせる可能性は極端に低いです。
さらに健康的な生活ができな人が増えると、医療費が増加することにもつながるので、国の財政を圧迫する原因にもなっています。
医学的には全く体に良いことはないタバコを規制することで、国民の健康を守り医療費の増加を止める効果があるのです。
しかし、禁煙化が進んでいる理由は、医学的な理由からだけではありません。
タバコの煙は、嫌な臭いがします。
少し煙を被っただけで一日中嫌な臭いが鼻から離れず、衣服にも染み込んでしまいます。
タバコの臭いは特に女性から嫌がられ、嫌な臭いが充満したお店やまき散らす相手には、近づきたくないと考える人もいるほどです。
昔は、タバコにはカッコいいイメージがありました。
しかし、今では周囲の人の健康に悪影響を与える、嫌な臭いで不快な思いにさせるなど、マイナスイメージが強くなりカッコいいイメージは全くありません。
タバコを吸うことはダサいと考えられるようになり、喫煙率は年々低下しています。
タバコを吸う人の中にも、医学的な考えや嫌な臭いなどが影響して、禁煙する人が増えてきました。
今後もこの傾向は続くと考えられていて、ますます禁煙化が進むことが予想されます。